敏感肌の保湿にはセラミド配合を!化粧水選びで大切な事とは

保湿とは肌へ保湿成分をあたえ浸透させ、肌の保水力を
高めることです。
水分そのものを与えるのではなく、「保つ」というところが
ポイントです。

 

肌の角質細胞を支えているのがセラミドという成分なのですが
このセラミドが不足すると角質細胞がぐらつき、粉を吹いた
ようにカサカサの肌になったりしていまうのです。

 

保湿と言ったら化粧水を思い浮かべる人が多いと思いますが、
それは間違いです。
化粧水のほとんどは水です。保湿成分は化粧水にはあまり配合
できないのです。では、何をつければいいのか。

 

それは保湿成分を含んだ美容液やクリーム、乳液などです。
保湿成分にも様々な種類があります。セラミド、ヒアルロン酸、
コラーゲンなどがあります。
まずはどのような成分が含まれているのか確認することです。

 

単なる保湿から、美白、アンチエイジングなど様々な成分を
含むものがあるので、自分の目的に合ったものを選ぶことが
大事です。
水そのものを与えることは保湿ではないので、保水力のあるもの
すなわちセラミドなどの保湿成分を与えて肌質を改善することが
保湿になります。

 

セラミドが失われると、80パーセントも肌の水分量は低下すると
言われています。肌の水分量を維持するためにもっとも重要な
成分であり、貢献しているのがセラミドです。

 

セラミドはターンオーバーとともに作られます。寝不足などで
ターンオーバーが低下するとセラミドも減少します。
また、年齢とともに減っていきます。

 

そこで簡単にセラミドを補うことができるのがセラミドを含んだ
美容液です。これを使えば肌の水分量を増やすことができると
いうわけです。それでも乾燥してしまうという人はその美容液の
セラミド量が少ないか、油分不足が疑われます。

 

また、保湿力を高めるためにピーリングなどを定期的に行うことで
肌のターンオーバーを高め、セラミドを増すことができます。
保湿にはぜひ、セラミド配合のものをおすすめします。

 

また、選ぶ際には自分の肌質に合ったもの・自分が求める効果の
あるものを選ぶことが大切です。
例えば、乾燥肌の人には保湿力の高い商品が良いですし、シミや
そばかすが気になる人には、美白効果の高い商品をおすすめします。

 

特に季節によっては、お肌が痒いという症状の敏感肌の人には、
比較的成分の少ない刺激のない商品をおすすめします。

 

お値段の高い安いも重要ですので、人気化粧水の口コミサイト
などを参考にするのもおすすめです。