生涯の宝となる住宅

保育士さん達の大変さを実感する日々

私には5歳の甥っ子がいるのですが、言葉を理解し会話をするようになった位から頻繁に遊ぶようになったことで、子供に対する見方が180度変わる出来事を経験する機会が増えました。以前までは、何かいけないことをした時や、わがままを言い始めた時には、ちゃんと面と向かって接すれば大人が言っている事もしっかり理解してくれると思っていたのですが、子供はそんなマニュアル通りに動いてくれる訳ではなく、時には怒る必要もあるんだと認識するようになりました。子育ては本当に大変だと思います。そして、小さな子供と接する仕事をしている保育士さん達は、世間が思っている以上に苦労している部分が多いにあるんだと容易に想像できるようにもなりました。
今までは外野の視点で捉えていた子育て、教育という分野が身近になったことで、人を育てるのは並大抵の心構えではできない事だとを実感する日々です。他人の子供を預かり、叱りつける訳ではなく、笑顔で接し、相手が理解するまで我慢している保育士さん達は、本当にすごい人達の集団だなと思います。子供が好きじゃないとできない職業の一つなのは間違いないです。"
よく知らない点がある場合は保育士 求人でサポートします。