生涯の宝となる住宅

人はなぜ「がん」になるのか

一般的に「がん」と呼ばれる病気は、正式には「悪性新生物」と言います。病気やけがなどで壊れた細胞はもちろん、寿命を迎えた細胞も新しい細胞に絶えず生まれ変わっています。自身の細胞をコピーして新しい細胞を作るのですが、時にはコピーミスが生じる場合があります。それこそが「がん」の正体です。通常の細胞は寿命や形が決まっていますが、がん細胞になってしまうと、無秩序な細胞が延々と増え続けてしまいます。その結果、健康な臓器を侵食し、更にはリンパや血液に乗って全身で増殖し始め、最終的には死に至ってしまうのです。実は、私達の体の中では毎日5000個程度のがん細胞が発生しています。通常、生まれてしまったがん細胞は免疫細胞によって退治されるので、増殖していくことはありません。しかし、悪い生活習慣や発がん性物質の摂取、ストレスなどによって免疫力が低下すると、生まれたがん細胞を退治する力が弱まってしまいます。逆に言えば、免疫力を高めればがん細胞を退治することができるのです。
もしお困りのことがあればがん治療とお使い下さい。