生涯の宝となる住宅

太陽光発電システムに適した屋根

家庭での太陽光発電では、いかに太陽の光を集められるかがとても重要になってきます。家庭の場合は屋根にソーラーパネルを設置するのが一般的なので、屋根の向きや角度次第で発電量にも大きな違いが出て来るのです。
やはり最も発電量を増やしやすいのは南向きの屋根です。北半球である日本では、太陽は東から登って南を通り、西に沈んでいきます。その為、北向きの屋根に太陽光発電用のソーラーパネルを設置しても効率的な発電を行うことができません。南向きなら日中の太陽光を無駄なくパネルに集めることが出来るので、ソーラーパネルを設置するなら南向きの屋根がベストというわけです。
とはいえ、既に建設されている家屋の屋根の向きを変えることは出来ません。太陽光発電システムを設置したいなら、まずは家屋の建築時に南向きの屋根を選んでおくことが必要となるのです。しかし屋根の向きは家屋の外観のイメージにも大きく関わってくるので、まずは北向きの屋根を作らないようにすることが将来的な太陽光発電システム導入の鍵になってくると思います。
お困りのことがあれば太陽光発電で相談に乗ります。