生涯の宝となる住宅

司法書士の仕事内容〜不動産登記

司法書士というとお堅いイメージがあるかもしれません。そんな司法書士の仕事内容の中には、不動産登記という仕事内容があります。たとえば、新築で家を建てたりマンションを買うことになった・・そんな時に、必要になってくるのが土地や建物の所有が変わったことを申請です。これを所有権保存登記といいます。

 

また誰かから土地や建物を譲り受けたり、不動産を売買した場合は、所有権移転登記という手続きが必要になります。これらは複雑で細かい書類作成や専門知識がいりますので、代行して司法書士がおこないます。複雑で面倒な手続きを本人に代わっておこなってくれます。

 

土地関係に関しては、平成17年に新不動産登記法が施行されて、新しい制度に基づいて書類を作成する必要があります。司法書士はさまざまな変化に対応して適した手続きをおこなう責任があるのです。このように、一生のある時期に発生する不動産登記の際には、多くの人が司法書士にお世話になっているのです。
必ず貴方のお力になりますので西宮市 相続←是非ご覧になってみて下さい